ごあいさつ

当協会は、無認可任意団体・日本ヌートリア交流協会です。
ヌートリアと言いますのは、ネズミの化物の様な動物で、頭の先から尻尾の先まで、大きなもので、1m弱。
しかし、雰囲気はビーバーちゃんの様なカワイイ生き物です。
ところが、各自治体等から、有害獣に指定されて、肩身の狭い思いをしてる様です。
当協会は、このヌートリアを暖かく見守ってあげよう、と言うものであります。

発起人 hiromon

2017年12月20日水曜日

ヌートリアより皆様にクリスマスのご挨拶を申し上げます 2017

早いもので、今年も1年が終わろうとしています。
どう言う訳か、今年はヌートリアに勢いが感じられぬ1年でした。
と言っても、私の周りに関してで、世界的に見るとイタリア、ドイツを始めとする欧州では頑張っていた様です。


これ何?しょぼ過ぎて全然クリスマスらしくない! 
ごもっとも、思い立って5分位で作った手抜きカードです、これでは申し訳ないので、最近見て回ったクリスマスらしいのを。


グランフロント大阪北館のレッドローズ・ブロッサムです、大変豪華で見ごたえがあります、定期的に音楽と光線の演出があります。


同じくグランフロント大阪の広場です、インスタ映えすると言うことでしょうか、皆さん盛んにスマホで撮影されていました。


転じて、梅田スカイビル恒例の大クリスマスツリーです、こちらも音楽と光の演出があります、ドイツ・クリスマスマーケット大阪も開催されていて人気があります。


こちらは、阪急百貨店うめだ本店・祝祭広場の「光のヒンメリ」です。
なかなかゴージャスです、9階から12階まで吹き抜けの祝祭広場の天井から、ほとんど下まで巨大なシャンデリアの様な超豪華絢爛なヒンメリが吊るされています。
華やかな音楽と光線の演出があります。


忘れちゃいけないのが、中之島公園の大阪光のルネサンスです、メイン会場の目玉は、大阪中央公会堂のウォールタペストリーです、今年の出来栄えは一段と素晴らしく音楽と光線のクリスマス絵巻が繰り広げられます。


そして、今年初お目見え(だと思う)光の交流プログラム =台南・光の廟埕=です、この催事はお正月用にも使えそうです。


こちらは東会場です、大道芸人のパフォーマンスも催されていました。


西に転じて、ほたるまち港(朝日放送の前)で行われている、中之島ウォーターファンタジアです、こちらも楽しいクリスマスソングと噴水と光線のパフォーマンスが見られます。


こちらはお馴染み、御堂筋イルミネーションです、今年は南側にも随分拡張されていて、歩き甲斐があります、所々に個別のデコレーションもあり大変楽しめて美しいです。

これらの催事は、個人用のブログ
「ひろもん にき」
https://hiromon-niki.blogspot.jp/

でもビデオ付きで紹介しているのもありますので興味がございましたらどうぞ。

と言う事で、皆様にも楽しいクリスマスをお過ごし頂き、清らかな新年をお迎え下さい。






2017年11月28日火曜日

2017年11月25日、紅葉とヌートリア(伊丹市の公園)

伊丹市のいつもの公園、さすがに11月末となると、紅葉が進んで来ました。
先週よりも艶やかになった様に見えます。

当然、紅葉狩りより、ヌートリア探しです、しかし、以前お知らせした様に公園の工事が佳境に入っているようで、ヌートリアはどこかに避難してる様です、居ません。
仕方ないので紅葉を観てまわりました。





併設されている、伊丹市の鴻臚館も開館していたのでお庭を拝観しました(無料)。





建築は和風で、茶室なども備えられていました。

もし、ヌートリアが泳いでいたらこんな感じでしょう(参考資料)





2017年11月17日金曜日

ヌートリアが大阪城のお堀に居る理由が今明らかになる!(追記:終了いたしました、たくさんのご購読ありがとう御座います)

大阪城のお堀にヌートリアが存在する理由が本書で明かされます!
沼狸庵翁嫡斎の時代小説「聚楽亭の公達たち」無料セールのご案内です。

(追記:終了いたしました、たくさんのご購読ありがとう御座います)

無料セール期間

2017年11月20日(月)午後5時頃 開始予定
2017年11月25日(土)午後5時頃 終了予定です。


Amazonのシステムの都合で前後する場合もございますので、無料セールご利用の方は、くれぐれも下記の0円をご確認の上クリックして下さい。


もちろん、それまで待てない、という方も多数いらっしゃると思います、そう言うお方は即有料でお求め頂けます99円(込)です一般的な缶コーヒーより安いです。
Kindleをお持ちでない方も、スマホやタブレットのKindleアプリや、PCのKindleアプリでご利用頂けます。
アプリは下記サイトをご参照下さい。
http://amzn.to/2kih4Ev


沼狸庵翁嫡斎 著 時代小説「聚楽亭の公達たち」Kindle版 
ASIN: B01N5UG8RL

黄金に満ちた綺羅びやかな政権を打ち立てた豊臣秀吉、しかし大した出自を持たない秀吉には強固な一族郎党が存在しなかった。
また、秀吉自身も晩年まで実子に恵まれず、政権に後継者が居ないという重大な不安を抱いていた。
本能寺の変以後、天下取りが現実のものとなった秀吉はこの欠陥を予見して着々と手を打っていた、すなわち、養子猶子を設定し疑似一族を構成したのだ。
本書では、主に次の5名の養子猶子を取り上げます。
豊臣秀次、宇喜多秀家、結城秀康、八条宮智仁親王、小早川秀秋。
尚、本編は連関形短編集です。


http://amzn.to/2kJgnCB



時代小説「聚楽亭の公達たち」プロモーションビデオ

2017年11月12日日曜日

猪名川にヌートリアか??

先にお知らせしたように、公園が工事現場と化したので、11日(土)猪名川を歩いてみました。
最近の増水であっちこっちにゴミが流れ着いている上、未だ水量もかなり多かったです。
こりゃ、居らんな、と思ってたら・・・・やっぱり居ませんでした。
が、粘土質の河岸で怪しげなる足跡発見!



見慣れてるワンコの足跡に混ざって、それらしき足跡があります。ここに上陸して一休みしたのか、そこに犬が来たので川に逃げたか・・・・
想像が広がります。

下のビデオは、去年の4月24日に猪名川で見たヌートリアです。




Amazon Echo Dot (Newモデル)

2017年11月5日日曜日

ヌートリア池、工事現場と化す

去る、10月9日久しぶりに公園の池でヌートリアを見て喜びましたが、その後台風の襲来や村の寄合とかが在って、なかなか公園に行けませんでした。
やっと、ほぼ1ヶ月ぶりに公園を訪れてビックリ仰天、ヌートリア池が工事現場と化していました。



水も抜かれている様子で、居たとしてもヌートリアが泳ぐことが出来ない状態です。



冬の渡り鳥も先遣隊が到着していましたが、どない成ってんねん!って困惑していました。
以前から居てたサギも漁がしにくくて、どないしょ、って雰囲気でした。



見たところ、何やら池の周囲に柵を作ろうとしている様に見えました。
もちろん、ヌートリアは居ません、重機の騒々しさに早々と転居したのでしょうか。

先月見たヌートリアはこちらです。




http://amzn.to/2zfO1YR

2017年10月16日月曜日

Instagram始めました

先日、「Instagramどれ?教えて」って言われて。
「これ」って教えましたら。
「ちがう、協会の分」って言われました。
そうです、個人用のInstagramにヌートリアの写真とかも投稿してましたが、日本ヌートリア交流協会のInstagramは作ってませんでした。
これだけ、インスタ流行りなのに迂闊でした。
そこで、さっそく日本ヌートリア交流協会のInstagramのアカウントを作りました。

URL : https://www.instagram.com/japan_nutria_association/





さっそく、何枚か写真を投稿しました、追々投稿を増やしていくつもりです。
宜しくお願い致します。


はじめての今さら聞けないインスタグラム入門 (BASIC MASTER SERIES) 単行本 – 2017/10/7


2017年10月9日月曜日

公園にヌートリアが戻って来ました

毎度おなじみの公園にヌートリアが戻って来ました。



発見したのは私ではなく、10m位横でエビすくいをしていた小学生たちでした。
「あ!ヌートリア」「え?」「あ!ほんまやヌートリアや」
と言う声が聞こえたので急行しましたら、居ました、確かにヌートリアです。
「おっちゃん、ヌートリアの写真撮ってんのん」
「うん、そうやねん、最近居った?」
「見てへん、居らんかった」
と言う事で、他所から引っ越しして来た様です。
私自身は、見えないだけでずっと居たのでは?と思ってましたが・・・
何故かと言うと、中洲に獣道が明確に見えていたからです。
しかし、引っ越ししてきた説の方が有力です。





繁茂している浮草?(菱みたいな)を盛んに食べていました。
ビデオも撮りました。
カワセミがヌートリアの方を見て「お!久しぶりやんけ、何処行っとってん?」と言っている様でした(0:50~)。



今日はちょっとだけ覗いて見ようか、と思って足を運んだだけでしたが、久しぶりに野生のヌートリアを見られたのは幸運でした。
しかし、こうなると、今度は公園管理当局のワナが心配です。


http://amzn.to/2xt2SKk

2017年10月1日日曜日

「ヌートリア スナップ写真集」無料セールのご案内(終了いたしました、たくさんの御利用ありがとう御座います)

(終了いたしました、たくさんの御利用ありがとう御座います)

平成29年10月のKindle無料本セールは、
「ヌートリア スナップ写真集」です。

無料期間は。
10月1日(日)午後5時頃~10月4日(水)午後5時頃までです。


毎度の事で恐縮では御座いますが、Amazon社のシステムの都合で時間が前後する場合が御座います。
ご利用の方は価格0円表示を確認の上、購入ボタンをクリックして下さい。0円で無ければ課金されますのでご注意下さい。


ヌートリア スナップ写真集
散歩すれば、どこの池にもどこの川にも生息しているカワイイ生き物、ヌートリア。
このヌートリアの写真集です。
日本ヌートリア交流協会が、道々撮ったヌートリアのスナップ写真集を発行いたしました。


ヌートリア スナップ写真集

↑クリック(Amazonに飛びます)

尚Kindleをお持ちでない方は、下記Amazonのページを御覧下さい。
http://amzn.to/2ytdbz7
アプリの御利用でタブレットやスマートフォンでもご覧いただけます。

2017年9月4日月曜日

ヌートリアに関する誤解と正解

新しいウエブサイト開設のお知らせ。

ヌートリアに関して、誤解や理解不足の報道が大手メディアでも為されているのが散見されます。
この際、これらの誤りを正したいと思い下記サイトを作成しました。

ヌートリアに関する誤解と正解

URL  https://sites.google.com/view/nutria-q-and-a/



思いついたQ&Aを順番関係なく並べただけなので、見難いかも知れませんが、一度ご覧いただけたら、と思います。
今後も気づいたら適時改定していくつもりです。




http://amzn.to/2gLkDSL




2017年8月18日金曜日

武庫川ヌートリア観察会(失敗の巻)

未明の雨も止み、少々蒸し暑いですが、武庫川に出かけました。
今回のコースは、阪神電車武庫川駅東口から西口までです。
何じゃそれ、あっという間やん、と言うことですが、下記のコースを通りました。



地元の人はご存知ですが、阪神武庫川駅は武庫川の川の上にあります、東口は尼崎市側、西口は西宮市側です。
この間を、東岸を山手幹線まで北上し西岸を南下しました、観察しながらですから、3時間半掛りました。

武庫川-1 - Spherical Image - RICOH THETA


ちょっと見た目は判りにくいですが、相当水位が高いです、思いの外、豪雨だった様です。
この辺りも平時は完全に陸続きですが、今日は水没していました。



これはヤバイです、ヌートリアが寛いでいる雰囲気ではありません。
しかし、人間さまは満開のキバナコスモス?を観て夏の終わりを感じました。

武庫川-2 - Spherical Image - RICOH THETA


鳥たちも「水位高いやん、漁しにくいでぇ」とか話している様子でした。





と言う事で、前回の大阪城に引き続き失敗の巻でした。
それでも、前回は貂(テン)を観察できましたが、今回は全くのオケラでした。


http://amzn.to/2w8tdkm





2017年8月12日土曜日

恒例、大阪城ヌートリア観察会でヌートリアではなくテンを観察した件


(追記)イタチでは?と言うご指摘がありました、そうかもしれませんので、イタチかテンらしき小動物とさせて頂きます。

8月12日、恒例夏の大阪城ヌートリア観察会を実施しました。
当日、心配していた程の猛暑でもなく、そこそこ良い風が吹いていました。

先ずは前例に習い、北外堀から観察開始です。



まったく穏やかで、ヌートリアの影も形もありません、次に東外堀にまわりましたが同様です。
かれこれ2時間程度見回りましたが見つかりません。
そしたら、何やら消防車がかなり出場している様で、盛んにサイレン音が聞こえます。
野次馬根性出して天守閣方面に上がり石垣の端からみると、盛んに煙が上がっています。



火事の様子はそれ以上は判りません、ここまで来たら天守閣の広場まで行きました。
外国人観光客が大変多く、大繁盛の様子でした。



あまりの人の多さに辟易して、隠し曲輪で一休み、文字通り「隠し曲輪」で観光客も少なく寛げます。
すると目の前を、ヌートリアが横切りました、目にも留まらぬ速さです、カメラを出す間もありません。
大慌てで、カメラを出し、写真じゃ間に合わないのでビデオで撮りました。



はい、よく見ると、「テン」です、顔が黒っぽいのは夏の毛色でしょう。
大阪城公園で「テン」を見たのは初めてでした。



結局、ヌートリアは観察できずに、解散しました(出席者は発起人1名のみ)。


大阪城にヌートリアが生息する秘密を解き明かす。
聚楽亭の公達たち (沼狸庵図書) Kindle版

http://amzn.to/2hTgcFp