ごあいさつ

当協会は、無認可任意団体・日本ヌートリア交流協会です。
ヌートリアと言いますのは、ネズミの化物の様な動物で、頭の先から尻尾の先まで、大きなもので、1m弱。
しかし、雰囲気はビーバーちゃんの様なカワイイ生き物です。
ところが、各自治体等から、有害獣に指定されて、肩身の狭い思いをしてる様です。
当協会は、このヌートリアを暖かく見守ってあげよう、と言うものであります。

発起人 hiromon

2017年8月12日土曜日

恒例、大阪城ヌートリア観察会でヌートリアではなくテンを観察した件

8月12日、恒例夏の大阪城ヌートリア観察会を実施しました。
当日、心配していた程の猛暑でもなく、そこそこ良い風が吹いていました。

先ずは前例に習い、北外堀から観察開始です。



まったく穏やかで、ヌートリアの影も形もありません、次に東外堀にまわりましたが同様です。
かれこれ2時間程度見回りましたが見つかりません。
そしたら、何やら消防車がかなり出場している様で、盛んにサイレン音が聞こえます。
野次馬根性出して天守閣方面に上がり石垣の端からみると、盛んに煙が上がっています。



火事の様子はそれ以上は判りません、ここまで来たら天守閣の広場まで行きました。
外国人観光客が大変多く、大繁盛の様子でした。



あまりの人の多さに辟易して、隠し曲輪で一休み、文字通り「隠し曲輪」で観光客も少なく寛げます。
すると目の前を、ヌートリアが横切りました、目にも留まらぬ速さです、カメラを出す間もありません。
大慌てで、カメラを出し、写真じゃ間に合わないのでビデオで撮りました。



はい、よく見ると、「テン」です、顔が黒っぽいのは夏の毛色でしょう。
大阪城公園で「テン」を見たのは初めてでした。



結局、ヌートリアは観察できずに、解散しました(出席者は発起人1名のみ)。


大阪城にヌートリアが生息する秘密を解き明かす。
聚楽亭の公達たち (沼狸庵図書) Kindle版

http://amzn.to/2hTgcFp

2017年7月26日水曜日

天神祭、船渡御 (ヌートリア観察出来ずの巻)

最近、ヌートリアさぼってるやん、と言うお声が聞こえてきそうですが、サボっているわけではありません、どう言うわけか、たまたま見えないだけです。
ここで一発大阪城辺りに行こうかと思ったら、またもや足止め。
天神祭です、7月25日、本宮船渡御でした。
船渡御のビデオを撮りました先ずは御覧下さい。



さすが、ナニワ最大のお祭りで豪勢なものです、多くの神事や行事が含まれていて期間も範囲も広くて全部を網羅するのは難しいです。
黄色い人形の山車(出船)?を見て、ぼんやり、これなんやったかなぁ?と考えていたら、外国人観光客からいっせいに「Chikin Ramen! Chikin Ramen!!」と声がかかり大人気でした、そうです日清チキンラーメンのマスコットキャラクターでした。
どんだけ有名やねん!!



篝火船に火が入ると、お祭りの雰囲気も盛り上がります。







神様もしずしずと御幸されていきます。



と言う事で、今回もヌートリア観察失敗の巻でした。


http://amzn.to/2vYV9mY

2017年7月7日金曜日

七夕のヌートリア(平成OSAKA天の川伝説2017)

「七夕の日は、ヌートリアに会いやすい」と言う故事は特に有りませんが、7月7日午後淀屋橋で会合が終わった後、ちょっと中之島辺りを散策しました。
すると、以前から見たいと思っていた、『平成OSAKA天の川伝説』が今日じゃありませんか!
ヌートリアは取り敢えずほっといて、平成OSAKA天の川伝説2017を見学することにしました。



なかなか、話に聞いてた通り、見ごたえあって壮観です。
今回も全天球写真を撮ってみました。

平成OSAKA天の川伝説-1 - Spherical Image - RICOH THETA


平成OSAKA天の川伝説-3 - Spherical Image - RICOH THETA


最後の回収ポイントまで流れたLED球は手作業で網で回収されて、又上流から流す手順になってました。

もし、ヌートリアが泳いでいたら、あまりの輝きに驚いた事でしょう。





http://amzn.to/2u2sXmx

2017年6月11日日曜日

ヌートリアを探しに行く(360度映像)

気がつくと、もう1ヶ月以上更新していませんでした。
なんとサボっていた事でしょう。
新しいオモチャを買ったのでそれを試すついでに公園のヌートリアが居るか見に行きました。
新しいオモチャとは、360度カメラです。
さっそく、ビデオを撮ってみました、360度、全天球カメラなので、画面上でマウスの右ボタン押しながら動かすとくるくる好きな方角を見る事ができます。
上下左右前後、自由自在です。



カメラが安物なのと、Youtubeとの相性が、もう一つしっくり行ってないのとで、画質が宜しく無いかもしれません。
写りが悪くて判りにくいですが、1:11辺りで立ち止まっています、これは以前から設置されていた箱ワナが撤去されずに放置されていたのを見つけたからです。



ヌートリアも居ませんし、設置の意味も無くなったのに放置しっ放しです、凡そ罠などと言うものは、期間や仕事が終われば速やかに撤去すべきものです、この様に放置しているのも如何なものかと思いますが。

さて、気候は梅雨入りですが、何か雨が降らず爽やかな雰囲気です。


(上池の様子)


(下池の様子)


(以前、この公園に居たヌートリア)

ヌートリアは野生動物ですから、生息し易い場所を求めて移動します、その内別のヌートリアがまた戻って来るでよう。


http://amzn.to/2reALAo
RICOH 360°カメラ RICOH THETA S


2017年5月3日水曜日

大阪市此花区の水門のヌートリア、ネコに圧勝

此花区の淀川の水門に生息しているヌートリアに、前歯のまだら模様のヌートリアが居る、と言う情報が入りましたのでさっそく確認に行ってきました。
この水門には以前も訪れています。

参考:以前の記事 https://japan-coypu.blogspot.jp/2013/08/blog-post.html

現着して先ず目につくのが、無駄に立派なヌートリアに関する注意喚起の看板、それも2枚、それも写真入りの豪華絢爛仕様です。



そして、ネコに関する注意喚起の看板、こちらは写真なしの標準仕様、これも2枚。



まったく勝負になりません、ヌートリア、ネコに圧勝です。

さて、相手は野生動物ですから、こっちに都合よく現れてくれる訳ではありません、ゆっくり待つか・・・と思う間もなくすぐに登場、カメラを出すのが遅れる登場の速さです。



なかなかの男前な感じのヌートリアです、今日は計3匹確認できました。
いつもの様にビデオにまとめていますので御覧下さい。



最初の情報の前歯がまだら模様のヌートリアはこれでは?と思いました、前歯に何か引掛って居る様に見えました、爪楊枝が要る感じです。

さて、ここのヌートリア、なかなか皮肉が利いています、ヌートリア注意喚起の看板の下で、物欲しげに座ってこっちを見ます。



たっぷりヌートリアを堪能したあとで、少し足を伸ばして「大阪市下水道科学館」を訪れました。



名前からして、なんとなく子供向けの下水道啓発施設かと思われるでしょうが、なかなかもって・・・その通りでした。



http://amzn.to/2pGVFWW





2017年5月1日月曜日

ヌートリア in Mastodon と MEDIUM

Mastodonの巻

新しモン好きな、発起人は飽きっぽい性格のくせにすぐに珍しいものに喰い付きます。
最近の話題は、「マストドン」です、良く判らないですが誰でも新しいインスタンスと言う物を立ち上げられるそうですが、そこまでのめり込むスキルもお金もありません。
そこで、日本で草分け的な、「mstdn.jp」に入れて貰いました、って勝手に登録しただけですが一応一日一回位は(修正)気が向いたら「トゥート!」(Twitterで言うツイート) しようかと思っています。


https://mstdn.jp/@nutria_mstdn


MEDIUMの巻

少し前ですが「Medium」って言うサービスにも登録しています、こちらはTwitterの創始者が、Twitter社を退職して始めたサービスだそうです。
どういう特徴があるのかよく判りません、しかし、登録してみたらヌートリア関係の団体からすぐにフォローされました、居るもんだぁ~と感心いたしました。


https://medium.com/@nutria/




http://amzn.to/2pzPMuG



http://amzn.to/2pzDa6T



2017年4月27日木曜日

ヌートリア、天王寺動物園のトップアイドルに踊りで出る

大阪で、ヌートリアを常時見る事が出来るのは、天王寺動物園です。
当協会協力者のサンディ氏が天王寺動物園を見に行きました、入場門の立て看を見てビックリ仰天!


(撮影:サンディ氏)

なんと、入場料500円の看板に、ヌートリアが採用されています!!
キィウイと並んで、我らがヌートリアが描かれています!!
強豪のレッサーパンダ、コアラを押しのけてのご採用で御座います。
ここまでヌートリアがメジャーに成れたのは、皆々様のご支援の賜物です。
あと、もうひと踏ん張りで、特定外来生物と有害獣の指定を解除出来そうです(そんな訳ないか・・)。

少し以前の天王寺動物園のヌートリアのビデオです。


これも少し前のGoogleストリートビューですがこのコンクリート枠の中にヌートリアが居ます。
最近改装されてるので、変わっているかも知れませんが。


これ、便利ですね、行った事無くても大体の様子が判ります。



http://amzn.to/2pB14j9





2017年4月17日月曜日

大阪造幣局桜の通り抜けと大阪城ヌートリア観察、ついでにKindle電子図書「聚楽亭の公達たち」無料セール予告(追記:終了いたしました)

4月16日(日)に「大阪造幣局の桜の通り抜け」を見に行きました。
先ずは、川沿いの公園の露店の間を進みます。



すごい人出です、やっと入り口にたどり着きました、入場するとこちらも同様中々前に進めません。



桜の開花状況ですが、なにかちぐはぐな開花状況です、満開かと思えば、散り始め有り、かと思えば蕾有りで、今春の天候異常がそのまま反映されたいた様子でした。

しかし、日本ヌートリア交流協会にとっては造幣局は前座です、本番の大阪城公園にヌートリアの観察に向かいました・・・・・・・・・が居ません。
大阪城公園も大変な人出で騒々し過ぎて、ヌートリアが出てこれません。

でヌートリアが居ない北外堀。



え!それで終わり?と言う訳にもいきませんので、
「ヌートリア、居る時~」



この大阪城公園にヌートリアが居る歴史的事実?を小説にした、沼狸庵翁嫡斎の時代小説「聚楽亭の公達たち」4月度無料セールの予告が下記されています御覧下さい。


沼狸庵翁嫡斎の新著、時代小説「聚楽亭の公達たち」無料セールのご案内です。
大阪城に生息するヌートリア、何故大阪城のお堀にヌートリアが居るのか、その理由が本著で明らかになります。

無料セール期間 ※(追記:終了致しました、多数の御利用有難うございました)

2017年4月24日(月)午後5時頃 開始予定
2017年4月26日(水)午後5時頃 終了予定です。


Amazonのシステムの都合で前後する場合もございますので、無料セールご利用の方は、くれぐれも下記の0円をご確認の上クリックして下さい。


もちろん、それまで待てない、という方も多数いらっしゃると思います、そう言うお方は即有料でお求め頂けます99円(込)です一般的な缶コーヒーより安いです(大阪駅前第三ビルの60円自販機には負ける)。
Kindleをお持ちでない方も、スマホやタブレットのKindleアプリや、PCのKindleアプリでご利用頂けます。
アプリは下記サイトをご参照下さい。
http://amzn.to/2kih4Ev


沼狸庵翁嫡斎 著 時代小説「聚楽亭の公達たち」Kindle版 
ASIN: B01N5UG8RL

黄金に満ちた綺羅びやかな政権を打ち立てた豊臣秀吉、しかし大した出自を持たない秀吉には強固な一族郎党が存在しなかった。
また、秀吉自身も晩年まで実子に恵まれず、政権に後継者が居ないという重大な不安を抱いていた。
本能寺の変以後、天下取りが現実のものとなった秀吉はこの欠陥を予見して着々と手を打っていた、すなわち、養子猶子を設定し疑似一族を構成したのだ。
本書では、主に次の5名の養子猶子を取り上げます。
豊臣秀次、宇喜多秀家、結城秀康、八条宮智仁親王、小早川秀秋。
尚、本編は連関形短編集です。


http://amzn.to/2kJgnCB



時代小説「聚楽亭の公達たち」プロモーションビデオ

2017年2月13日月曜日

大阪城のヌートリアの秘密が明かされる、時代小説「聚楽亭の公達たち」無料セールのご案内(追記:終了しました)

(*)追記:終了しました、たくさんのご利用ありがとうございました、次回をお楽しみに。

沼狸庵翁嫡斎の新著、時代小説「聚楽亭の公達たち」無料セールのご案内です。
大阪城に生息するヌートリア、何故大阪城のお堀にヌートリアが居るのか、その理由が本著で明らかになります。

無料セール期間

2017年2月17日(金)午後5時頃 開始予定
2017年2月20日(月)午後5時頃 終了予定です。


Amazonのシステムの都合で前後する場合もございますので、無料セールご利用の方は、くれぐれも下記の0円をご確認の上クリックして下さい。


もちろん、それまで待てない、という方も多数いらっしゃると思います、そう言うお方は即有料でお求め頂けます99円(込)です一般的な缶コーヒーより安いです(大阪駅前第三ビルの60円自販機には負ける)。
Kindleをお持ちでない方も、スマホやタブレットのKindleアプリや、PCのKindleアプリでご利用頂けます。
アプリは下記サイトをご参照下さい。
http://amzn.to/2kih4Ev


沼狸庵翁嫡斎 著 時代小説「聚楽亭の公達たち」Kindle版 
ASIN: B01N5UG8RL

黄金に満ちた綺羅びやかな政権を打ち立てた豊臣秀吉、しかし大した出自を持たない秀吉には強固な一族郎党が存在しなかった。
また、秀吉自身も晩年まで実子に恵まれず、政権に後継者が居ないという重大な不安を抱いていた。
本能寺の変以後、天下取りが現実のものとなった秀吉はこの欠陥を予見して着々と手を打っていた、すなわち、養子猶子を設定し疑似一族を構成したのだ。
本書では、主に次の5名の養子猶子を取り上げます。
豊臣秀次、宇喜多秀家、結城秀康、八条宮智仁親王、小早川秀秋。
尚、本編は連関形短編集です。


http://amzn.to/2kJgnCB



時代小説「聚楽亭の公達たち」プロモーションビデオ