ごあいさつ

当協会は、無認可任意団体・日本ヌートリア交流協会です。
ヌートリアと言いますのは、ネズミの化物の様な動物で、頭の先から尻尾の先まで、大きなもので、1m弱。
しかし、雰囲気はビーバーちゃんの様なカワイイ生き物です。
ところが、各自治体等から、有害獣に指定されて、肩身の狭い思いをしてる様です。
当協会は、このヌートリアを暖かく見守ってあげよう、と言うものであります。

発起人 hiromon

2017年5月3日水曜日

大阪市此花区の水門のヌートリア、ネコに圧勝

此花区の淀川の水門に生息しているヌートリアに、前歯のまだら模様のヌートリアが居る、と言う情報が入りましたのでさっそく確認に行ってきました。
この水門には以前も訪れています。

参考:以前の記事 https://japan-coypu.blogspot.jp/2013/08/blog-post.html

現着して先ず目につくのが、無駄に立派なヌートリアに関する注意喚起の看板、それも2枚、それも写真入りの豪華絢爛仕様です。



そして、ネコに関する注意喚起の看板、こちらは写真なしの標準仕様、これも2枚。



まったく勝負になりません、ヌートリア、ネコに圧勝です。

さて、相手は野生動物ですから、こっちに都合よく現れてくれる訳ではありません、ゆっくり待つか・・・と思う間もなくすぐに登場、カメラを出すのが遅れる登場の速さです。



なかなかの男前な感じのヌートリアです、今日は計3匹確認できました。
いつもの様にビデオにまとめていますので御覧下さい。



最初の情報の前歯がまだら模様のヌートリアはこれでは?と思いました、前歯に何か引掛って居る様に見えました、爪楊枝が要る感じです。

さて、ここのヌートリア、なかなか皮肉が利いています、ヌートリア注意喚起の看板の下で、物欲しげに座ってこっちを見ます。



たっぷりヌートリアを堪能したあとで、少し足を伸ばして「大阪市下水道科学館」を訪れました。



名前からして、なんとなく子供向けの下水道啓発施設かと思われるでしょうが、なかなかもって・・・その通りでした。



http://amzn.to/2pGVFWW





0 件のコメント:

コメントを投稿