ごあいさつ

当協会は、無認可任意団体・日本ヌートリア交流協会です。
ヌートリアと言いますのは、ネズミの化物の様な動物で、頭の先から尻尾の先まで、大きなもので、1m弱。
しかし、雰囲気はビーバーちゃんの様なカワイイ生き物です。
ところが、各自治体等から、有害獣に指定されて、肩身の狭い思いをしてる様です。
当協会は、このヌートリアを暖かく見守ってあげよう、と言うものであります。

発起人 hiromon

2017年8月12日土曜日

恒例、大阪城ヌートリア観察会でヌートリアではなくテンを観察した件


(追記)イタチでは?と言うご指摘がありました、そうかもしれませんので、イタチかテンらしき小動物とさせて頂きます。

8月12日、恒例夏の大阪城ヌートリア観察会を実施しました。
当日、心配していた程の猛暑でもなく、そこそこ良い風が吹いていました。

先ずは前例に習い、北外堀から観察開始です。



まったく穏やかで、ヌートリアの影も形もありません、次に東外堀にまわりましたが同様です。
かれこれ2時間程度見回りましたが見つかりません。
そしたら、何やら消防車がかなり出場している様で、盛んにサイレン音が聞こえます。
野次馬根性出して天守閣方面に上がり石垣の端からみると、盛んに煙が上がっています。



火事の様子はそれ以上は判りません、ここまで来たら天守閣の広場まで行きました。
外国人観光客が大変多く、大繁盛の様子でした。



あまりの人の多さに辟易して、隠し曲輪で一休み、文字通り「隠し曲輪」で観光客も少なく寛げます。
すると目の前を、ヌートリアが横切りました、目にも留まらぬ速さです、カメラを出す間もありません。
大慌てで、カメラを出し、写真じゃ間に合わないのでビデオで撮りました。



はい、よく見ると、「テン」です、顔が黒っぽいのは夏の毛色でしょう。
大阪城公園で「テン」を見たのは初めてでした。



結局、ヌートリアは観察できずに、解散しました(出席者は発起人1名のみ)。


大阪城にヌートリアが生息する秘密を解き明かす。
聚楽亭の公達たち (沼狸庵図書) Kindle版

http://amzn.to/2hTgcFp

0 件のコメント:

コメントを投稿